たった3分で深く癒される 「ジムノペディ」の場合

Ericsatie

聴けば誰もが知っているエリック・サティの「ジムノペディ」。今更感はありますが、今日は改めて向かい合ってみようじゃないですか。聴き終わる頃には深く癒されていることが期待できます。特別なことをするわけではないですよ。何もせずただ黙って聴けばいいんです。本当のことを言えば、この曲でなくったっていいんです。

かつて音楽が好きだったみなさん、音楽と正面から向き合ってますか。アルバムの最初から最後まで聴き通したのがいつだったか思い出せますか。下手したら一曲まるごとを聴くことすらしていないのではないでしょうか。音源を買ったままそのまま放置したりしているのではないでしょうか。現代人は忙しいですからね。仕事も忙しい、子育ても忙しい、Twitterからは次ら次へと刺激的な情報が流れてきます。LINEやメールの返事もしなきゃいけないし、Facebookではランチの写真をアップしたり、知人に「いいね」しなきゃいけないし。ああ、なんて忙しいのでしょう。アルバム一枚と向き合うのはさすがに面倒かもしれませんが、今日はせめて一曲だけでも、最初から最後まで、何もせず音楽だけに集中してみてください。

どうですか、改めて聴いてみるとやっぱりいいもんでしょう。
シンプルでフラットな感じだけど少し憂いを含んだ浮遊感のある優雅な曲ですね。
別にこの曲でなくったっていいんです。たった3分でいいので何もせずに音楽に集中してみると、なんだかいい気分じゃないですか。どうでしょう。

「ジムノペディ」の優美さを参考にして作られた曲をついでにご紹介しておきます。

いやー、これはこれでまた美しい。

ところで、「ジムノペディ」っていうタイトルですが、古代ギリシャの祭典が由来なんだそうですよ。そのお祭りでは、お酒を飲んで、全裸で踊りまくってたそうです。一説によると時には死人も出たとか。サティはその祭典の様子を描いた壷からインスピレーションを得たそうですが……、ちょっとどうかしてますね。↓こんな感じでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL


*

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">