「ばらかもん」見てばらかもんになろう!

0001

画像:amazon.co.jp ばらかもん 1 (ガンガンコミックスONLINE) コミック

◎ばらかもんとは…五島列島方言で「元気者」という意味です。

書道家の半田清舟は、ある受賞パーティーで自作を酷評した書道展示館の館長を感情に任せて殴りつけてしまう。見かねた父親は半田に「自分の人間として欠けている部分」を見つけさせるため、彼を自然豊かな五島へと送り込む。
(出典:ばらかもん – Wikipedia)
個性的な島民たちとの出会いや環境に戸惑いながらも、助けられたり、励まされたり、教えられたりしながら成長していきます。

もちひろいでの一コマ
餅を一個も拾えない主人公に対してヤスバ(もちひろいで村一番の名人)が言った何気ない言葉。
『チャンスは以外にも下に落ちとる』
それでも、拾えなかったら?と尋ねる主人公にヤスバは、
『そがん時は、どうぞお先に。譲ってやって、もっと良い餠ば狙え』
それを聞いて、主人公が落ちてる餅を拾おうとしたところに、パンチ(もちひろいで取った餅を横取りする人)が登場し、泣く泣く餅を譲る主人公。
結局、餅はひとつも拾えなかった主人公でしたが、餅をたくさん拾ったパンチがぜ
んざいを作って差し入れしてくれました。
たかが餅拾いで、こんな人生教訓がでてきたりします。笑える部分もたくさんありますが、大切なメッセージもくれる作品です。
(参考:TVアニメ「ばらかもん」公式サイト 第3話/(C)ヨシノサツキ/スクエアエニックス・「ばらかもん」製作委員会)

田舎特有の時間の流れや穏やかな雰囲気や方言、そこに小学1年生のなるの天真爛漫さの暴走が加わり、ついつい笑ってしまいます。
島民たちの出演回数は少ないのですが、強烈なキャクター揃いなので、一度見たら忘れられないんです。
聞いたことも見たこともない「このもん」とい謎の食べ物や「ひさんいを」なんていう魚も出てきたりして、いままで知らなかった五島に興味もどんどん湧いてきます。

疲れてボーっとしている時になにも考えずに楽しく見れて、「ばらかもん」になれるのでおすすめです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL


*

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">